2017年10月19日木曜日

もうそろそろ音楽CDをやめてくれないかと思っています

好きなアーティストの音楽が聴きたいからCDを買うのだけど、ほぼ「好きだから来る義務感」みたいな気持ちで買っている。ちょっと気に入ったくらいではどうしても欲しくなる衝動が上がりにくい。CDじゃなくてこんな感じならもっと買いたくなるのになぁ、と <図1>。


イメージとしては映画のパンフレットとかゲームの設定資料集みたいなもので、いわゆるファンブック的なものに音楽のダウンロードコードがついてる感じ。
メッセージ性の強い作家ならエッセイとか、ビジュアル勝負のバンドやアイドルなら写真集とか。
形もサイズも自由。ハードカバーでも文庫サイズでも、なんだったら彫刻とかもあり(…ありか?)。表現したいように作ってくれればいい。値段だって好きなようにつけて良い。買うかどうかはそれこそユーザーやファン次第。本がいらないならデータで買えば良いし、ライト層向けのパンフレットサイズも用意しておくとかね。
複製防止のためにダウンロードは登録制にするか、iTunesカードみたいに使いきりにするか。そうすれば中古の価値も低くなるのでは?

現状CDのブックレットには歌詞とかアーティストの写真とかメッセージとかが載っていてファンならここが欲しいのでここを充実させていただきたいのですよ。ケースと円盤ははっきり言って邪魔。
かといっていらない部分だけ捨てるには忍びないし、データだけ買うのはどうにも味気ないし、やっぱり手元に置いておきたいという欲があるし。
なので誰か(というか業界)こういうシステムを普及させてほしい。なんなら海外の人でも良い、と思ってメッセージボトルのつもりで英語で書いて見た。
要するにCDはもうメディアとして古くないか、中身のためについて来るものが空虚すぎないか、と。

ちなみにうちのコンポはもうプレイヤーが死んでしまってBluetoothで繋いだただのスピーカーになってしまった。CDプレイヤーは買い換えるつもりはないよ〜。

0 件のコメント:

コメントを投稿