2016年2月9日火曜日

お仕事見本の紹介『Kiite!「きいて」'16年1・2月号/㈱産經新聞社』

全国の郵便局で販売している情報誌「Kiite!」の付録ハガキ用イラストを担当致しました。

※記事内の表紙画像には肖像権・著作権などによる表示期限があります。表示されない場合は期限が過ぎております。ご了承下さい。

毎号、ばばちえさんの新作切手を紹介するコーナーの付録で、今回は春の星座コレクションでした。
編集さんから、自由にやっていい、と言われ、そう言われると余計なことを色々考えてしまう意志の弱い。。。


読者の多くが40〜50代の女性が中心ということ、紹介切手が星空なことで、「2月だからってバレンタイン☆キラキラ☆はおかしいだろう」と思い、この世代の人たちがハガキを送るとしたらどんな時だろうと考えて「遠くにいる大切な人へ春を待ち、伝えるハガキ」というテーマに設定しました。

仕事や学業で離れて暮らす家族だったり、遠くに行ってしまった友人など、年齢を重ねるほど個人の事情がどんどん多くなって身動きが取れなくなってしまいます。
今はネットなどでタイムラグ無くコミュニケーションが取れますが、あえて郵便ハガキに託してお互いが今いる距離を実感するときっと会いたくなるんじゃないかな、と。
『切手の星座が夜空に見える頃に会いましょう』なんていうのもロマンチック。


冬に会う約束のハガキを送って、会ったあとに春のハガキでお礼を出す。なんて使い方も良いかもしれない。

表面ではツバメがポストにやってきました。冬はマフラー巻いてます。

全国の郵便局で発売中です。誰かからこのハガキが届いたら、お返しに同じハガキを送ってみてはいかがでしょうか。




【余談】 今回初めて知りましたが、郵便ポストと郵便マークは日本郵便に著作権があって、描いたり撮ったりするには本来許可が必要だとのこと。
このイラストの為に編集さんには手続を取っていただきました(お手数おかけしました)。
さらに、郵便マークには正確な寸法で正しく表記しなければならない、などなど決まりがありました。
話が逸れますが、医療を表すために赤十字のマークを描くのも赤十字社が著作権を持っているので勝手に描いてはいけないものです(これも医療系書籍のお仕事で注意されました)。
絵描きさんはご注意を〜


0 件のコメント:

コメントを投稿