文庫本のためのブックカバー展『Bibliotheca Closet』終了。ありがとうございました


先日、延長会期を経て文庫本のためのブックカバー展『Bibliotheca Closet』が終了いたしました。
ご観覧・ご購入頂きましてありがとうございました。
また、予定がつかずともお気に留めていただいた皆さまからも応援の言葉をいただき、とても励みになりました。

今回初めて、自分発のグッズ販売展に挑戦できたことで、これから自分がどのような作家として活動していきたいのかがはっきりと掴めたような感じがしております。
やはり自分は本が好きで、本に関わることがしたい。さらに言えば、人の生活のそばに置ける物づくりがしたいのだと思います。

今まで半ば思いつきでフラフラと焦点の定まらない活動が多かったのですが、初めて「こういうことがしたい」という思いを形にできた気がしています。
実際ブックカバーを購入した後「カバーを買ったから本を買う」と、読書を始めるきっかけにしてくれた方が数名いらしたことが、一つ思いが昇華された気がします。
これからはブックカバーはもちろん、少しずつ“やりたいこと”を“できること”に変えていこうと思います。


今回、ご来店でご意見くださった皆様、会場を提供していただいたカフェ・ヒポポタマスのオーナー様、本当にありがとうございました。
また新作を携えてお目にかかる機会を作っていこうと思います。これからもサトウの活動を楽しみにしてくださると幸いです。



さて、ちなみに次回皆様のお目にかかれるのは意外と近く、7月21日(火)より、いつもお世話になっているgallery DAZZLEさんでのグループ展です。以下詳細。

こちらもどうぞよろしくお願いいたします。


企画展『PREQUE*SEQUEL はじまり*そのあと』



期間/2015年7月21日(火)〜26日(日)12:00〜19:00(最終日17:00まで)|オープニングパーティ・7月21日18:00〜20:00
会場/gallery DAZZLE[〒107-0061東京都港区北青山2-12-20 #101]
参加者/大場綾 コンドウカヨ サトウコウタ タナカマユミ 松井晴美
PREQUELとは前日譚、SEQUELは後日譚のこと。報われなかった登場人物をハッピーエンドに導いたり、話の発端を描いたり、映画や昔話、物語の前日譚と後日譚をイメージし表出させるイラストレーションの世界。

展示詳細→『PREQUE*SEQUEL はじまり*そのあと』

コメント

このブログの人気の投稿

なぜか占い師になって2018年のカレンダーを販売するという事態

イヤホンの正しい付け方があったとは