2015年4月30日木曜日

個展やります『Bibliotheca Closet』5月21日(木)〜31日(日)

久々に個展を開催します!
個展を最後にやったのが'13年にマルプギャラリーさんで推理小説の企画をさせていただいて以来ですので、約2年振りですね。


会場は新宿の無農薬自然食品のスローフードカフェ・ヒポポタマスさんです。
きっかけはイラストレーター・佐川ヤスコさんのワークショップに参加したご縁でした(佐川さん、ありがとうございました!)。

今回は何をするのかというと、ブックカバーの展示・販売を致します。
思えば前回のマルプさんも去年のギャラリー・ダズルさんでのシャーロック展も本がテーマでした。
お話は去年の末頃にいただいていたのですが、何をするのかじっくりと考えた末、やはりぼくは本が好きだから本にまつわる企画が良いなと。

で、読みかけの本が増えた時に、自分のイラストでブックカバーを作りその日の気分や本の中身で違うカバーを持ち歩く、というようなことをしていました。 作ってみるともっとたくさん作りたい!と思うようになってきたので「だったらこれを企画にしよう」と決めました。


さっそくせっせとカバーを作っております。
普段自分が文庫ばかり買っているので、今回用意するのは文庫本用カバーに限定しました。

ちなみに販売するカバーはすべて紙製です。
会場のヒポポタマスさんの常連さんには本に関わる仕事をしている方がいらして、曰く「本の保管は紙が一番」だそうです。単純にぼくが専門的に扱えるのが紙しかないという理由だったのですが…やった!

以下詳細です。



イラストレーター・サトウコウタ個展
文庫本のためのブックカバー展『Bibliotheca Closet[ビブリオテカ クローゼット]




●会場/slowfoodcafe hippopotamus(スローフードカフェ・ヒポポタマス)
東京都新宿区新宿3-6-3 ISビル 3F | 03-3356-2818
●会期/5月21日(木)〜31日(日)
●営業時間/12:00〜17:00
●定休日/会期中は25日(月)26日(火)休み ※月・第4火曜日
ディナータイム(18:00〜)はお店が変わるため展示はご覧頂けません。
◎自然食品のカフェです。ご来店の際はオーダーをお願い致します。

メニュー例
オーガニックコーヒー/500円、オーガニックハーブティー/700円、ソイベジバーグとフムスのサンドウィッチ(単品)/600円(セットもあり)、日替わりランチ/1,000円 他


★会期中イベント(誰でも参加可)
・あなたの好きな本紹介掲示板(仮)/お店に掲示コーナーを用意し、好きな本や誰かに薦めたい本をお客さんが皆で勝手に紹介したりされたりできるコーナーです。
・ヒポポタマスミニ図書館(仮)/お店に設置した図書コーナーの本を貸し借りできます。お店で読むも良し、借りて続きを読むも良し。
※イベント内容は暫定です。詳細は後日ブログにアップします。




※Bibliotheca【ビブリオテカ】…蔵書、個人所有の文庫、書庫、または図書館、図書目録。本のコレクションのこと。※closet【クローゼット】…衣装棚、クローゼット。。。らしいです。ぼくは英語がからっきしなので。『文庫本用のブックカバー展』=[蔵書]のための[衣装棚]、といった感じでつけました。和製英語ですね(笑)。


もう少し先ですが、ご来場お待ちしております♪

2015年4月28日火曜日

またまたスケッチ会に参加してきました

イラストレーターの永島壮矢さん主催のスケッチ会『OIS』に参加してきました(2回目!)。

今回の場所は吉祥寺の井の頭公園&井の頭自然動物園。
午前から井の頭公園で開始だったのですが、ぼくは午後の動物園から参加してきました。

久々の花子とモルモット。暖かいからか、花子はよく動いていて元気なようすでした。
一通り巡って描いて合評会、というかただの見せ合いっこ。

ちなみにこんな感じ。


動物は描くたびに発見がありますね。あと普段じっとしていなかったり、すぐ飛んでいってしまう鳥がじっとしていると「儲けた!」って感じ(笑)。




毎月開催されるそうなので、これからも楽しみです☆

2015年4月27日月曜日

お仕事見本の紹介『ナーシング・キャンバス'15年5月号/㈱学研メディカル秀潤社』


先月から連載が始まりました「ナーシング・キャンバス」の5月号です。



内容的に良いケースとまずいケースを同時に見せなくてはいけないので仕方ないのですが、前回の連載の学生ちゃんよりドジッ子に見えてしまいます(笑)。
我ながらそこがまたカワイくもあり。。。

看護学生さんにオススメの一冊です。ぜひ!

Fujisan.jpで定期購読もできるようです。

Twitterアカウントもありますよ〜。ちなみにアイコンはぼくが担当した前回の連載学生ちゃんです。

2015年4月17日金曜日

めくるめく「蔵書票」という世界


蔵書票というものを教わりました。調べてみたら面白かったので誰かに言いたくなった。

蔵書票
蔵書票(ぞうしょひょう)ないし書票(しょひょう)は、本の見返し部分に貼って、その本の持ち主を明らかにするための小紙片。より国際的にはエクスリブリス(Exlibris、「だれそれの蔵書から」という意味のラテン語)と呼ばれる。英語ではbookplate。(wikipediaより)


15世紀に活版印刷が発明されてからできた習慣だそうですが、日本には1900年代に入ってから伝わったそうで。
時々古本漁ってると、奥付の前後に絵柄のついた紙が一枚糊付されてたりしますが、一つの文化として成立してるとは知らなかった。
協会まで作られてる→蔵書票協会




なんか、ファミコンカセットの後ろに名前書くような感じを思ってしまった(笑)。




最古のものはこういうのが有名だそう。
TAG index

「ハリネズミ書票」と呼ばれる最古級の蔵書票。"Hanns Igler das dich ein Igel Kiis[1]"「(この本を盗むものは)ハリネズミにキスされるだろう」 と書かれている。(wikipediaより)



色んな図柄があって、面白いです。デザインが優れたものが多くて探してみるととても楽しい。現代でも作っている作家さんがいっぱいいて、特に銅版画の人が多いみたい。自分でも作ってみたいな〜。

個人的にいいと思ったもの





動物




ミュシャとビアズレーもありました。

竹久夢二や武井武雄も作ってたとか。
あとなぜか、やたらと裸の女体がたくさんでてきます。それもまたずいぶん官能的で。。。

ここに載せたのは割とライトな方で、なんというか、男女や女性同士があからさまに「最中」なものが多くて、さすがにここで紹介するのは控えます。。。
興味のある人は【蔵書票】または【exlibris】で画像検索してみて下さい〜。



一見したところ「本」「大樹」「フクロウ」「猫(科)」「ドラゴン」「スフィンクス」とか“知識”“知恵”から連想するものがモチーフとして多いですね。
で、なんで女体が多いのかちゃんと調べてないのでこっから先は憶測、というかこじつけです。
聖書で知恵を与えたとされるものはアダムの最初の妻「リリス」なので、知恵→禁断の果実→女の誘惑…と来ているのかな、と。
まあ、本当のところは、昔の人なりの(エロ本を隠す中高生のような)背徳行為だったのかもしれないけど!
ただ、ここには載せなかったけど、悪魔や死神、蛇やドクロを描いたものもよく見かけましたから、神話や聖書からの連想は間違ってないのかも(「ここに知恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は666である」ヨハネの黙示録)。
あと、天使エグリゴリが人間に火(文明)を与えた罰として地獄へ落とされ悪魔(ルシファーまたはサタン)になった話がある=知恵を得ることは神に反逆すること。だから本の後ろに名前と一緒に記すことで秘密を得るという…って文字で書くとなんかすごい厨二設定!!

こないだ教わって知って、面白くてにわかに盛り上がってるだけなので、正しい由来を知ってる方はご教授下さい〜。


あ、ちなみにBL?ものも結構ありました。

2015年4月16日木曜日

新入生

成長を見込んで設えた大きめの、まだ椅子や机でこすれていない、ピカピカの制服たち。春なんだなぁ。

そして、女子特有の順応の早さ。
一方の男子はなかなか打ち解けず、こうやってあっという間に仲良くなった女子集団に混じって帰宅することになる男子一人の図。けっこう多い。
そしてそのままどこにも馴染めないまま過ぎていったのが十代のぼくでした。。。

それにしても新中学生は数ヶ月前まで小学生だったなんて思えないほど大人っぽいね。今どきの子たち。

2015年4月15日水曜日

『若草物語』を記憶にまかせて描いてみる


どんな話だったか、全然覚えてない。子供の頃「ハウス食品 世界名作劇場」でやってたのは覚えてる。
でも、“メグが一番上のしっかり者で、ジョーがおてんばの次女、他二名”って感じの記憶しかない(曖昧すぎ!)。だからあえて情報はいれず、エイミーとベスってこんな子だったんじゃないかと勝手な想像を膨らませて描いてみました。上二人が割とお姉さんだから、末の子は上に三人もいるから親の目も甘く奔放で甘えん坊(床で本読んでる)、間の三女はきっといつも姉にも妹にも存在負けして何事にもあきらめムード漂ってるはず(椅子の右端)だろう、と。


とりあえず、アニメや映画をモデルに描くのはやめとこうと思い、実話が元なんだしモデルになった姉妹の写真あるか探してみたけど、作者のルイザ・オルコット以外出てこない。
時代的かな。写真が簡単に撮れなかったのか、戦争のせいか。
たしか第一次大戦の頃でお父さんを兵役に取られて苦労した末、スイスに亡命する話…って、あれ?これはサウンド・オブ・ミュージックだ。
う〜ん、わからん。。。



それにしてもこのルイザの髪型すごいなぁ。誰かに似てる。。。

あ、アレイスター・クロウリーだ!と思ったけどそんなでもなかったね。

※写真はどちらもwikipediaから拝借。

2015年4月14日火曜日

光と影

いままでずーっとべた塗りだけでやって来たけど、もうちょっと陰影をつけたり構図をきちんと整えたり、奥行きのある絵を目指そうと思って練習。

この首の角度好き。

2015年4月8日水曜日

お仕事見本の紹介『地図で歩く鎌倉・江ノ電/㈱JTBパブリッシング』


久々にJTBパブリッシングさんからのご依頼。といっても過去に出版された本が再出版にあたり、当時のイラストを部分修正するというもの。
昔の自分の仕事を修正するなんてなんともお恥ずかしいことで。。。

昔はこんなことやってたんですねー。あの頃は学ばせていただきました。
最近はご無沙汰ですが、またイラストマップのお仕事やりたくなってきました。

2015年4月7日火曜日

スケッチ会に参加してきました

イラストレーターの永島壮矢さん主催のスケッチ会に参加してきました。
場所は外苑前の聖徳記念絵画館周辺。
桜は8分咲きくらいで見頃な感じ。しかし天気が…。



グラウンドの野球をスケッチ。
最近の悩み、構図に取り組もうと思って描きました。

雨が降って屋根下へ避難。それでも絵描き同士ならこの通り。

2015年4月6日月曜日

お仕事見本の紹介『ナーシング・キャンバス'15年4月号/㈱学研メディカル秀潤社』

昨年連載を担当させていただいた「ナーシング・キャンバス」に今年も連載を担当させていただくこととなりました。

またまた“先生役のベテランナース”と“実習中の学生ナース”が新しいキャラクターにバトンタッチして学生の皆さんにお目見えします。
1年間よろしくお願いします。